ニキビや毛穴の黒ずみをケアして透明感のある肌へ

透明感のある肌を目指すには毛穴の汚れや古い角質のケアが大切です。
皮脂が過剰に分泌されると毛穴から皮脂が排出されずにつまり、ここにアクネ菌や雑菌が繁殖するとニキビになります。また毛穴に詰まった汚れを放置すると、皮脂の酸化や古い角質と皮脂でできた角栓ができ黒ずみの原因になります。

毛穴がつまる原因の一つは、過剰な皮脂分泌です。過剰な皮脂分泌の起こる要因として、思春期の成長ホルモンや男性ホルモン、生理前の黄体ホルモンの増加やストレスによる自律神経の乱れがあげられます。また皮膚は約1か月のサイクルで新しい細胞に生まれ変わるターンオーバーを繰り返していますが、このターンオーバー異常でも皮脂の過剰な分泌が起こります。ターンオーバー異常は不規則な生活、紫外線、ストレス、汚れをきちんと落とさない洗顔などで起こります。

スキンケアの方法として大切なことは皮脂を過剰に気にし過ぎて一日に何度も洗顔したり、ごしごしこすって無理に皮脂を落とそうとしないことです。過剰な洗顔を行うい肌が乾燥するということは、皮膚最上層の角質層がダメージを受け皮膚の水分量の減少や外部の刺激から皮膚を守るバリア機能が失われるということです。強くこする洗顔方法では皮膚の上で摩擦がおき角質層が傷つき、修復しようと角質層が過剰に生成されてしまします。洗顔後の保湿も重要です。

べたべたが気になるからと言って保湿をしないと乾燥し角質層の水分保持力が弱まり肌のはりが失われ毛穴が開いてしまいます。毛穴に詰まった角栓のケアは週二回程度のピーリング石鹸でやさしくおこないます。また毛穴にメラニンが沈着すると黒ずみにつながるので普段から紫外線のケアをしっかり行います。ニキビのケアにも皮脂を詰まらせないことが大切です。オイルクレンジングはアクネ菌の栄養になるので避けたほうが良いですが過剰な洗顔は避けて余分な角質を落とすピーリングケアを行いしっかりと保湿します。