血糖値とインシュリンの関係とは

糖尿病患者は血糖値が異常な数値で高いことが挙げられますが、その血糖値が高い状態となってしまうのはインシュリンという物質が関係しています。人間は体に糖分を取り込んだ時に体に吸収しやすい形にするために、大腸に送られると脾臓からインシュリンが分泌されます。

この脾臓から分泌されたインシュリンによって糖質は変化し体に吸収しやすい形にとなり、大腸の血管から全身に送られ各細胞の栄養源として働きます。本来体によって糖質は大事なものでありそれを吸収しやすいようにするインシュリンも大事なのですが、暴飲暴食のように毎日の食事で糖質の摂取量が多くなるような食事を続けると問題が起きます。
参考リンク http://kettouti.biz/

摂取しすぎた糖質を分解するためにインシュリンもまた大量に分泌されると、それを吸収する大腸の働きも活発になり血管内に入る量も必然として増えます。元々細胞にとって栄養源であっても多すぎれば吸収しきれないし、吸収しきれずに残った物は血管内に残ってしまいます。この血管に溜まってしまった余分な糖分が血糖値の正体であり、血管内に溜まった血液中の糖質は血管内を傷つけてしまい動脈硬化を始め血糖値のコントロールが効かない糖尿病の発症につながるのです。